口コミで人気の火災保険やおすすめのサイト情報などをまとめてみました

火災保険を選ぶ時の注意点や手続きに関するお役たち情報サイト

火災保険を選ぶ時の注意点や手続きに関するお役たち情報サイト TOP

火災保険を選ぶ時のポイントを確認しておきましょう。火災保険は損害保険の一つですから、火災事故や風水害等の自然災害で家屋や家財などに損害を被った時に補償をしてくれます。

ですから、保険を掛ける対象をきちんと決めることがポイントです。同じプランでも、家屋と家財の補償範囲が違う場合もあるので、保険会社のパンフレットを確認したり、詳しい説明を受けることが大切です。

まず、リスクを少なくするために、火災保険の対象を確認しましょう。一般的に、建物、家財、建物と家財の3タイプから選ぶことができます。ですから、まず、建物の構造級別判定を受けましょう。

「コンクリート造」「鉄骨造」「木造」のどれにかに判定されます。この場合、耐火基準を判定の基準にしているので、木造の場合は、耐火性が低く判定されるようです。

次に、火災保険の基準補償範囲を決めます。火災リスク、風災リスク、水災リスク、日常災害リスクなどから補償の範囲を決めることがポイントになります。

それから、地震保険に加入するかどうかを検討しましょう。次に建物や家財の補償額を決めます。最終的には、火災保険の補償期間を決めることになります。

火災保険を選ぶ時は、補償の対象と補償の範囲を確認することがポイントになります。


火災保険の家財補償とは?

火災保険に加入する場合、建物と区別して家財に掛ける家財保険があります。家財保険についても知っておいた方がいいでしょう。

家財保険の特徴についてご紹介します。家財保険と言っても、独立した保険商品ではありません。例えば、居住するための専用住宅なら、火災保険を掛ける対象になるのが、建物と家財になります。賃貸物件なら家財のみが対象になります。
生活関連に関する動産で、TVやパソコン・冷蔵庫・洗濯機などのAV機器とか家電品の他に、テーブルやタンス、洋服なども加えることができます。
ですから、家財保険は、火災保険に付帯した保険ということになります。自己所有の家屋を対象にして火災保険を掛ける場合と賃貸物件で建物を所有していない場合は、火災保険の対象が違います。

賃貸物件に居住している人は、火災保険で家財を対象にした家財保険にしか加入できません。そのため、借り主は、自らの失火と近隣からの延焼、そして、貸主(大家さん)への賠償に備えるために、家財保険(主契約)+借家人賠償責任保険(特約)への加入をすることになります。自己所有の家屋に居住している人は、火災保険に家財保険を付帯することもできます。

家財保険の補償額は保険会社によっても違いますが、独身者の場合は一律に300万円程度、夫婦二人の場合は30歳で700万円程度、40歳で1200万円程度などに設定されているようです。


火災保険の補償内容

火災保険に加入する場合、補償の内容を確認しておくことが大切ではないでしょうか。保険会社が違えば、補償されたり、されなかったりすることもあります。ですから、各社の補償内容をサイトで確認してから、詳しい資料を取り寄せてみるといいでしょう。

また、自分にとって必要な補償とは何なのかをチェックする必要があります。火災保険はもちろんですが、補償内容を理解してから加入するようにしましょう。

まず、一般的な火災保険の補償内容を確認しましょう。火災、落雷、破裂、爆発の補償はほとんど保険会社が採用しています。ですから、火災保険に加入する場合、なくてはならない補償になります。

水災に関しては、補償が必要ない場合もあります。居住する物件の状況に合わせて選択することができるでしょう。たとえば、保険料を少しでも安くしたい場合、居住する物件が水災で床上浸水する可能性をチェックして見積もりを作った方がいいでしょう。

必要がない時は、水災の補償を省いて保険料を抑えることもできます。次に、盗難、騒じょう、水漏れ、飛来、落下、衝突の補償は、一まとめに考えることが多いようです。この中で盗難や水漏れを付けないこともできるようです。

さらに破損などの補償額は少ないので、本当に必要かどうか考えてみるといいでしょう。火災保険の補償内容は、保険商品を販売する会社ごとに違うので、パンフレットを読んだり、詳しい説明を受けるようにしましょう。


PageTop